歯科

治療の前にチェック

最新の治療方法が登場

歯医者

歯並びを治したい人はたくさんいますが、長い間矯正装置をつけておくことは困難です。とくに大人になってから歯並びを治そうと思うと、見た目もよくないため、ビジネスにも影響しかねません。そんな課題を克服しようと登場したのが、最新の治療方法です。セラミックブラケットとよばれる透明な矯正装置や、歯の裏側に取り付ける裏側矯正とよばれる新しい治療方法が登場したことで、見た目をそこなわず歯の矯正ができるようになりました。ただし、最新の治療方法を行っている歯科医院は限られているため、事前に確認する必要があります。

歯科医院の今後の課題とは

最近は美容への関心の高まりとともに、歯の美容を気にかける人が増えています。矯正歯科や審美歯科に新しい治療方法が登場し、男女問わず歯医者さんを利用する人が増えてきています。これまで虫歯や歯周病などの治療のために歯科医院を利用するのが一般的でしたが、これからは歯の美容のために利用する人が増えるとともに、治療方法も多様化していくと考えられます。そこで課題となるのが、矯正歯科や審美歯科を利用する際の治療費です。矯正歯科や審美歯科は健康保険が適用されず、自由診療となる場合が多いため、治療費が高くなりがちです。医療費控除制度が利用できる治療も限られているため、治療費は自己負担となる場合が多いといえます。今後は、患者が矯正歯科などを利用しやすいように、カード払いや分割払いなど多様な支払い方法を扱うことが歯科医院に求められていきそうです。